So-net無料ブログ作成

鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)

 新党大地の鈴木宗男代表は21日昼、民主党の小沢一郎幹事長を支持するグループ「一新会」が都内で開いた例会で講演した。鈴木氏は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」による土地購入事件に関し、「検察がリーク(情報漏洩)する情報は裏が取れない。マスコミは反権力というが(検証しないまま検察リークを)信用して書いている」と指摘。捜査の透明性をはかり、リークによる世論誘導を防ぐためとして捜査の全面可視化の必要性を訴えた。

 また鈴木氏は会合後、記者団に対し、「捜査は粛々と静かにやって欲しい。リークして恣意的、意図的に(捜査を)進めるやり方は8年前の鈴木宗男の時で止めていただきたい」と語り、改めて検察を批判した、千葉景子法務相についても「人権派の弁護士の法務大臣がまったく検察と同じ認識でいるのも解せない」と疑問を呈した。

【関連記事】
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者

鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも(産経新聞)
子どもの相談体制強化へ=官民推進会議を初開催−文科省(時事通信)
石川議員逮捕 任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕−兵庫県警(時事通信)
路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)

子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)

 学校の外でもあいさつができる子供を育てようと、世田谷区が烏山地域で実施している小・中学生による声かけ運動「あいさつキャンペーン」が18日、始まった。

 区立給田小学校では午前8時前後から、児童有志が半袖半ズボンの体操着姿で校門前に立ち、登校する児童や通勤途中の住民に「おはようございます!」と、元気に声をかけた。

 キャンペーンは今年度3回目で、地域住民の間にあいさつが根付きつつあるという。

特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
「派遣村」の継続 市民団体が要望(産経新聞)
公立小給食費、初の月4000円台=米飯は週3.1回−文科省調査(時事通信)
<未公開株>不正販売で3容疑者を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
日米両政府、同盟協議めぐり14日に事務レベル会合 (産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。